teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


自転車道+山 (また、長いです)

 投稿者:はってぃ  投稿日:2006年 3月 5日(日)22時30分20秒
  和尚さんは今、ルーブルにいらっしゃるのでしょうか?

僕の方はというと、前に投稿してからもう一度、百井峠を目指したものの
百井別れに入ったら雪が残っていたためあっさり敗退。
その後、花背峠アタックに切り替え登りきったものの、
この日は終始蛇行せざるを得ず、タイムも遅い体たらく…

ちっとは走り方を考えないといけないかなと思い、
昨日は嵐山木津自転車道を初めて走ってみました…
可能な限り速くペダルを回しつづける練習のつもりで。

道は桂川や木津川の河川敷の土手の上をメインにして作ってあるものの、
車道橋の括り抜けや、何の意味のあるのかよく判らない土手の上り下りなどがあり、
傾斜は緩いが完全なフラットというわけではない。
始めは鬱陶しかったが、シフトチェンジしながら回転を維持するには
かえっていい練習になったのかもしれない。
(スピードの出しすぎ防止のためか時折ある急すぎるカーブには閉口したが…)
困ったのは車道併用の橋を通るときの表示を見落としやすかったこと。
(行きは一時完全に道を見失い、帰りも迷いかけて時間を食いました)

さて何とか終点に辿りついたもののこのまま引き返すのもつまらない。
木津町ならそれほど遠くない場所に笠置山があったはず…
そこには遠い昔に大学の所属サークルの合宿でいったことがあり、
ほぼ山頂の宿までには、かなり急な坂があった記憶がある…

国道163号線を木津川に沿って登り、
ちょっと趣のあるJR笠置駅付近の街を抜けると
笠置山自然公園の入口に至る。
のっけから最後まで円いスリップ止めの張り付いた急坂である。
始めっから蛇行しつつヘイコラ踏み込まざるを得ない。
(今までペダルを回す練習をしていたのは何だったのか…)
とはいえちょっと登っただけで、ついさっき渡った橋が
はるか下に見えるのは、なかなか爽快である!
時間は計り忘れましたが、自転車で登れる最高点の松本亭までは
30分ぐらい(?)で何とか無事に登りきれました!

ただ、折角登ったのにお金の持ち合わせが少なかったので
(トラブルがあったらどうする気だったんかねぇ、メシもロクに食えんかったし…)
名物の笠置寺の磨崖仏は見れずじまいでした。

さて帰り。
自転車道が24号線と違って川に沿ってかなり大回りしているのが
わかったので、どうしようかと思ったものの、
行きで迷って道を外れたこともあり、全線がどんなものか走ってみようと無理して突入。
三川合流地点はるか前で日は落ち真っ暗になり、急激に寒くなってくる。
尻、腰、首と痛み出すわ、帰りも迷うわ…もうボロボロ。
フラフラで嵐山に着いたときには木津から3時間近く経ってました(遅!)。

24号線をイメージして‘そんなに遠くないだろ’と思ってましたが、
自転車道の全線だけで45キロもあるとは全然わかってませんでした。
笠置山もそこそこ激坂だったし、大阪辺りまで遠征したのと大差ないハードさでした。

このコース、暗峠、再挑戦に向けてはいい練習になるかも…
 
 

自転車生活 No.6

 投稿者:和尚  投稿日:2006年 2月24日(金)10時48分15秒
   【最後に初めての道】06.2.23

サークルの後輩4人で大学生として最後の北山ラン。
結局ヤローしか集まらなかったので、がっつりコース
に行くことになって、適当に愛宕山を目標としました。
それでは新鮮味がないということで、いつもの谷山林道
ピストンコースではなく、幻(?)の樒原通り抜けコース
に突っ込んでみることになりました。

さすがヤロー4人。無茶系コースをかなりのハイペースで。
愛宕~樒原間の林道は初めて走り(下り)ましたが、
なかなか面白かったです。開けて景色のいい場所もあり、
路面状況もまずまず。まぁ、それよりも何よりも、
山道ならわかるんだけど・・・というような特Eクラスの
超急勾配が時折顔をのぞかせるスリリングな林道でした。

それにしても頂上の愛宕神社には車が置いてあった
ということはあの超急勾配を車で上ってはるんや・・・。
 

御返事

 投稿者:和尚  投稿日:2006年 2月14日(火)18時43分20秒
  >元webさん
どうもっす。
そうです、基本的な構想はあの時のやつです。

>そぼさん
どうもっす。
これからも登場していただくかもしれませんので、よろしく。
ところで前に約束していたリンク集更新は、近いうちに必ず…。
 

タタラ

 投稿者:そぼ  投稿日:2006年 2月13日(月)23時33分19秒
  しみーめっちゃかっこいいじゃないですか!
そして自分が映ってるのが結構うれしい(#^.^#)
 

まぼろしの・・・

 投稿者:元web  投稿日:2006年 2月13日(月)20時42分38秒
  おーー、かっこいいね!!あたらしいの。いいドメインとれたね。
そしてあの写真館は、うちらの時に立ち消えになったやつでは・・・
 

お知らせ

 投稿者:和尚  投稿日:2006年 2月13日(月)02時48分35秒
  【新コンテンツ公開】

新しく写真集を作ってみました。
何か不具合等ありましたらご連絡いただけると幸いです。
ついでに感想・意見等もお待ちしております。
 

御返事

 投稿者:和尚  投稿日:2006年 2月 7日(火)02時43分48秒
  >はってぃさん
どうもはってぃさんの地元とは露知らず、
みんなで楽しく走らせてもらいました。
下津井電鉄の廃線跡も、架線柱が街路灯として
活用されていたり、ホームが残っていたり、
今までに走った廃線跡なかでも、雰囲気が良かった
ように思います。

確か前に船坂峠のお話も少しされていましたね。
すいません、その事すっかり忘れていました。
船坂峠はおっしゃるとおり国道2号線で、それ自体の
交通量と現峠のトンネルは最悪ですが、旧道が
歩行者自転車専用道として整備(残存)されています。
旧道といえど山道ではなく、トンネルができる前には
現役バリバリだった1.5車線舗装道で、勾配とUP量も
京都北山のつわもの峠に比べるとかなり穏やかな感じでした。
 

岡山は…

 投稿者:はってぃ  投稿日:2006年 2月 6日(月)00時09分42秒
  へぇー、追い出しラン(でしたっけ?)って岡山だったんですか。

前に遠距離サイクリングのことを少しだけ書きましたけど、
実はその辺は僕の田舎です。

金甲山から鷲羽山ってことは宇野経由で430号線から
海沿いのコースですよね。
でしたら倉敷市に入ったところの唐琴という小さな町が
僕の地元なので、みなさん通過されたことになります。

小さい頃には下津井電鉄が走っていたのもみてますし、
瀬戸大橋やその関連工事などで町も道もあちこち様変わりしてくるのをみてきました。
それでもあの辺を‘面白い’といっていただけると変に嬉しいです。

兵庫…岡山の境の方も走られたんですね。
船坂峠そんなによかったですか…2号線ですよね、確か?
前に帰省サイクリングをしたときは、きつそうだと思って
赤穂・日生経由のコースを取ったんですけど、
そっちにしとけばよかったんかなぁ…
 

自転車生活 No.5

 投稿者:和尚  投稿日:2006年 2月 5日(日)22時25分51秒
  【区切りの道】

この週末、所属サイクリングサークルの
最後の公式行事で岡山県を走ってきました。
寒波襲来と重なりましたが、強風以外は
まぁまぁ良い天気。

2/3金
夕方に岡山駅前の宿に集合だったので、
一人少し早めの電車に乗って上郡まで輪行して、
そこから岡山まで自走しました。だいたい60km。
百名峠に名を連ねる山陽道の船坂峠を狙って。

この峠、程よい旧道感を手軽に味わえて
なかなかよかったです。後は岡山市街まで
適当に道をつないで走るだけだったんですが、
もう勘弁してください というくらいの強風で、
予想以上に体力を消耗させられました。

2/4土
岡山駅前から瀬戸大橋付け根の鷲羽山まで。
途中瀬戸内の展望良好な金甲山や
下津井電鉄の廃線跡自転車道などを経由しての
なかなか充実した面白いコースでした。

コース以外にもサークル会員として
他の会員と一緒に走るのも最後だったので、
感慨深いサイクリングとなりました。
 

御返事

 投稿者:和尚  投稿日:2006年 2月 5日(日)21時56分8秒
  >はってぃさん
お久しぶりです。
この寒波で滋賀でもうっすら積もったようですが、
やっぱり京都は山と街では全然違うんですね。
鞍馬の奥の道を積雪状態で走るのは確かに大変そう・・・。
ぼくも、雪道もそれだけを目的に行くのなら楽しいです。

峠リスト、一段落してるんですが、
実はこれは2004年度までの、たまってた分が
やっと完成しただけで、今年度分が残っております。
徐々に追加していくつもりです。
『峠』以外のコンテンツも何か作りたいと
思ってますので、またよろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/25