teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


日常日記 その54

 投稿者:和尚  投稿日:2005年10月 7日(金)12時19分59秒
  10/6木  -活気-
人としゃべる方が楽しい。
パソコンもまぁ楽しいけど。

10/5水  -こもり-
終日パソコンとにらめっこ。
体は疲れないけど、気分が疲れる。

10/4火  -やる気-
雨の中、フィールドワーク。
涼しいどころか寒かった。

10/3月  -メンテ-
MyランドナーのBBをグリスアップしてもらう。
なんかペダルが軽くなった気分。

10/2日  -資本-
ほとんど持ってなかった秋服をお買い物。
なんで服ってあんなに高いんだ。

10/1土  -秋-
樒原にコスモスを見に行きましたが、前に比べ量が大分減ってました。
天気はよかったのに残念。

>ぽっぽやさん
ものすごお久しぶりっす。元気に切符さばいてますか?
こっちはそこらじゅうでセールやね。
阪神優勝の恩恵を受けにジョーシンのセールに行ってきました。
多分この秋にもあと2、3回は関東方面に出張予定なんで、
うまくいけばまた御駅にお邪魔いたします。

      以上です。
 
 

ども~

 投稿者:ぽっぽや  投稿日:2005年10月 3日(月)15時41分1秒
  おひさしぶりでっす。
和尚さん、名古屋からが遠いとか言ってるうちはまだまだ甘いよー。静岡過ぎたらもうそろそろですぜ(職業病?)。
関東にいると虎の優勝ニュースも対岸の火事みたいで一過性。。残念!
シリーズはロッテか西武との一戦を期待します。
 

日常日記 その53

 投稿者:和尚  投稿日:2005年 9月30日(金)23時00分20秒
  9/30金  -2年ぶり-
阪神優勝の瞬間はテレビ観戦できなかったので、
朝刊で詳細をチェック。下柳おじさんはすごいわ。

9/29木  -外の空気-
後期の授業開始。
キャンパスは活気があっていいです。家にこもってちゃだめだ。

9/28水  -東の空気-
日帰り関東出張。
やっぱ名古屋からが遠い・・・。

9/27火  -成功談-
分厚い和紙の葉書を恐る恐る手差しコピー。
詰まらずいい感じに仕上がりました。

9/26月  -失敗談-
たこ焼に桜えびをいれてみました。
すごく微妙。

9/25日  -流れる-
前日中に無理して帰ってきたのに、疲れて結局何もできず。
ゆっくりもう一泊すればよかった。

>はってぃさん
確かに自転車で峠を越えたことがない人に、それを伝えるのは難しいですね。
ぼくも「峠」の紹介文を書くのいつもあーだこーだ頭を悩ませます。
で、確かに書いてるともう一度行きたくなったり、他の峠を攻めたくなったり・・・。

     以上です。
 

共有

 投稿者:はってぃ  投稿日:2005年 9月27日(火)01時54分19秒
  レスありがとうございます。
歯の具合は正直あまりしっくりいってません(泣)。

>ただ、風景とか何か素晴らしいものに出逢った時にその感動(思い出)を
>共有できる人がいるっていうのもいいものです。

たしかにそうですね、
僕の場合、じかに‘共有’するのとは違いますが。
花背峠にトライしたときの気持ちを
誰かに伝えたくて何の気なしに友人にメールしていたら、
「おもしろい、また書いて!」
と、思いがけずレスが返ってきた。とても嬉しかった!
以来、坂を登るたびに、ここへ送ってるのと同様の(というかさらに長い)
レポを送っています(前々回の投稿の奈良の友人です)。

友人は自転車が趣味というわけではないので、
乗ってるときの感覚とか苦悶とか感動とかがどうすれば伝わるのか
無い知恵絞って、あーだこーだと文面を考えています。
でもそれが自分の自転車への思い入れを深めさせてくれてもいますし、
さらなる坂へのモチベーションにもなっている…

>芋峠はそんなにきつくないです。

そーなんですか?
結構傾斜があるような気がしたんですが、
自動車だと座席ごと上向きになっちゃうから感覚違うんですかね?

>手始めはその30%坂にでも。

話のタネとしてはいいかもしれませんが
あまり登る面白みはありませんよ、残念ながら…
 

日常日記 その52

 投稿者:和尚  投稿日:2005年 9月26日(月)00時15分15秒
  9/22~9/24  -来年はどうかな-
去年お世話になった寺院のお彼岸法要の手伝いをしてきました。
去年とは立場が違うので新鮮な感じ。

9/21水  -思い出の整理-
夏の写真の焼き増しを仕分けしました。
こうして大量の写真をみんなに配るのもあと数回。

9/20火  -最後の山-
卒論に向けて学校で終日地図をコピー三昧。
今何合目かもわかりません。

>はってぃさん
歯の調子はいかがでしょうか。返事遅くなってすいません。
ぼくは高校時代はずっと一匹狼の自転車乗りで、
大学のサークルに入って初めて仲間と走るということを体験しました。
両方体験してみて、どっちも一長一短かなという感じです。
みんなで走るのが当たり前のサークル会員の大半は集団走行の方が
楽しくていい、一人は寂しいし、トラブった時不安だと言っています。
逆に一人ツーリングは何でも自分の好きなようにできるというのが最大の
利点ですね。ぼくもどちらかといえば一人のほうが好きです。
ただ、風景とか何か素晴らしいものに出逢った時にその感動(思い出)を
共有できる人がいるっていうのもいいものです。

芋峠はそんなにきつくないです。
花背より上る距離は長かったような気がしますが。
関西に限らず越えた峠には偏りがあります。
関西では兵庫あたりなんか全然行ったことないですし。
そんな偏りがいつかなくなるようにもっといろんな所に
走りに行きたいもんです。手始めはその30%坂にでも。

     以上です。
 

30%坂レポ

 投稿者:はってぃ  投稿日:2005年 9月23日(金)22時49分5秒
  標識表示としては滅多にない30%(最高値か?)の坂って
どんなものだろうと気になっていたので行ってきました。

国道9号線から千代原口で南へ物集女街道に曲がり
車塚古墳の辺りで西へ入り込んだ桓武天皇皇后陵のすぐ下手に
その坂はあり、途中で二股に分かれていて
一方が20%、他方が30%という変わったスポットでした。

天皇陵に向かって登って、二つの道は合流しているので
まずは長いほうの20%を登ってみる。
登り始めるとすぐコンクリ舗装で丸いスリップ止めのある道と
なるので期待感が高まった。
が、長さとしては然林房下と大差ない感じだったが、
残念ながら‘脚応え’は1%差とは思えず、
まだ幾分余裕を残して登れてしまった…

気を取り直して30%坂の下手へ戻る。
陵手前の合流点がスタート地点からも見える。
地図で見るとせいぜい30mぐらいしかない…
こちらの路面は縞模様のついたアスファルトだった。
滑らかで短い分、隣の20%坂より‘激坂感’はなく、
こちらも拍子抜け。

丘陵の住宅地にありがちな取って付けたような坂道に、
たまたま標識がついているという感じの道だった。
(陵のそばだから20%のほうは古くからからあった坂かもしれないが)

余談…
坂を登る前に地名をググっていて見つけたラーメン屋で
腹ごしらえをしました。
物集女街道に入ってすぐの「大ちゃん」ってところです。
スープはよくある京都ラーメンぽい味でした(十分美味しいんだけど)が
チャーシューの香辛料か、それともダシからきてるのか、
独特の香りがして、これがいい感じでした!
 

奈良の峠の下見?

 投稿者:はってぃ  投稿日:2005年 9月20日(火)00時29分39秒
  歯を悪くして治療後「激しい運動は避けてくださいね」と言われてしまい、
今回は週末の坂道行できませんでした。

かわりにというか、奈良の友人と久々に会って来て
明日香村あたりを散策。
彼岸花がきれいでした。
するとどこかの自転車サークルなのか
ロードレーサーやらマウンテンバイクやら
小径の折りたたみ(?)自転車(種類の名前が分らん)やらが
10数台で長い列になってやってきました。

いつも一人で走っているのですが
こうして集まって走っているのを見てみると
これはこれで気持ちよさそうだなぁと羨ましく眺めました。

あんまり物欲しげに自転車を眺めていただろうか、
‘折角だから近くの坂道行ってみようか’
と車を山手のほうに走らせてくれました。
(暑すぎて早々に散歩を止めてドライブに切り替えたせいもあるけど…)

途中、石舞台古墳の辺りで、また自転車隊を見かける。
さっきの人達かもしれない。
さすがに車も人も行き交う車道での自転車の集団は
車にとっては邪魔くさい存在らしい。
やり過ごすのにやや難渋してる感じだった。
自転車に乗ってる側からすると街中とか観光地とか
結構迷いながら走ってはいるんだがなぁ…
当たり前だがドライバー、歩行者、自転車乗り、見方がそれぞれ違うなぁ…
(と、未だに免許も持たない中年男は思う…)

まあ、それはともかく観光地を過ぎ辺りが寂しくなってくると
やがて道も細くなり森の茂みが濃くなり暗くなってくる。
それと反比例して僕のほうはワクワクしてくる…我ながら変な奴!
しまいにはヘアピンが現れるとともに「来た来た!」なんて言ってしまったので
友達夫婦は思いっきり吹き出していた。

坂道は結構傾斜も距離もありそうで魅力的でしたが
車からではどれほどのものかは、残念ながらイメージできませんでした。
途中で看板があり、この先にあるのは芋峠らしいとわかりました。
‘あれ?これも和尚さんの頁にあったなぁ…’
関西各地の坂を制覇されている管理人さん、やっぱり凄いですね!
(ちなみに芋峠は花背峠とどっちがきついんでしょうか?)

ドライブ中、車内では坂(バカ)話が延々と続く。
「谷瀬の吊り橋って行ったことある?」
「あるよ。十津川村に連れてったもらったときに途中にとんでもない坂が
あったと思うんで機会があったら登りたいんだけど…」
「それ何年前? 最近じゃトンネルとか大分できたからなぁ…」
「そりゃ残念…でも封鎖とかされてないよね?」
こんな調子…

終いには、「今度峠に行くときには、うちに泊まりにおいで」って
言ってくれました。
う~ん、持つべきものは友ですねぇ…
 

日常日記 その51

 投稿者:和尚  投稿日:2005年 9月15日(木)23時41分7秒
  9/14水  -再発見-
何年も会ってなかった地元の友人と駅でばったり。
いろいろ情報交換できてよかったです。

9/13火  -がっかり-
今日はマクドだ!と思って行った店に
シェイクがなかったのでやっぱやめた。

9/12月  -食欲の-
ロッテリアのすき焼きバーガーを食す。
もうちょっと濃い味のほうがいいような。

9/11日  -ころも-
お盆以来の家業手伝い。
涼しくなってきたので楽で良いです。

9/10土  -かぶる-
昼飯にカツ丼食ったら夜飯はとんかつだった。
しまった。

>はってぃさん
25%坂も30%坂も知りませんでした。峠以外にもいろいろあるもんですね。
鞍馬街道のほうは後期が始まったら行ってみようと思います。
確かに“慣れ”って重要ですね。
うちのサークルは練習はしないんですが、毎年最初は遅かった
新入生がなぜかどんどん速くなっていきます。

  以上です。
 

25%&花背峠直登

 投稿者:はってぃ  投稿日:2005年 9月11日(日)13時11分2秒
  2ちゃんねるの自転車板をみていると
京都市内に25%の坂があるとのことなので金曜に行ってみました。
(書きそびれましたが暗峠へ行ったのは先週の土曜でした)
それは鞍馬街道と呼ばれる道の途中、円通寺の近所にありました。
21%表示の然林房下の坂がかなりしんどかったので
期待してたんですが滑らかなアスファルト舗装のせいか
見た目ほどきつくありませんでした(短いし…)。

さて、さすがにこれだけだと物足りない。
せっかく‘鞍馬街道’にいるのだからと、峠アタックに切り替える。
ところが、急激に雲行きが怪しくなると
雷が落ち始め、スコールのような夕立ち。
叡電鞍馬駅の近所だったので、急遽立ち寄り雨宿り。
この日はラッキーでしたが、何も無いところでの雷は困りますよねぇ。

さて雨が小止みになって再発進。
できれば未制覇の百井峠を…と思っていたが
もともとの出発が遅すぎて暗くなってきたし路面も濡れてしまったので
百井別れで根性無く花背峠へ進路をとる。

さて前回ここを登った際は、前半蛇行を減らして登れました。
今日もここまでなんとか蛇行していない。
‘よし今日は直登‘初’走破してやるぞ’
…下がりかけた意欲が再び湧いてきた。

気を抜くと無意識的にハンドルを
クイッと右に切ろうとしてしまう(左側を走ってるので)。
そのたびハッとしながら‘まっすぐ’走り続ける…

駅から峠までは45分ぐらいだったでしょうか。
蛇行しないと歯が立たなかった峠なので
意外とあっさり(きついことはきついのですが)登れてしまったのは
不思議な気がしました。
ここ1年で飛躍的に脚力・心肺能力が上がったという感じはない。
なのに‘坂慣れ’していくにつれて
パフォーマンス(というほどのものでもありませんが)は変わってくる…
うまく説明できませんが、やっぱり楽しいですね、
ちゃりんこやまのぼり!

さて、向日市に標識30%表示の坂道があると某頁で見つけました。
機会があれば見に行って報告したいと思います(ご存知かな…)。
 

日常日記 その50

 投稿者:和尚  投稿日:2005年 9月10日(土)22時06分28秒
  9/9金  -りんご-
四条に新しくできたソフマップに行ってみました。
なんか無性にiPodが欲しくなりました。今年中には必ず・・・。

9/8木  -やっぱバニラ-
マックシェイクのマスカット味を試してみました。
微妙。

9/7水  -丸洗い-
この夏酷使した登山用ザックと一緒に入浴。
思えば高校時代からだいぶ長持ちしてます、このザック。
あと10年はよろしく。

9/6火  -暑さも-
半月以上ぶりに京都へ。
何にも変わってませんでした。

>はってぃさん
ついに挑戦されましたか。しかもこの時季に自走で・・・。さすがです。
大阪側の上りは未体験ですが、こうなったらぼくも挑戦してみたくなってきました。
でも、もうちょっと涼しくなってから・・・。
それにしても、文中にあるように上り坂での虫は嫌になっちゃいますよね。
引き離そうにもそんなスピード出せるわけもなく、下るわけにもいかず。
虫除けスプレーも汗で流れるし。なんかいい商品開発してほしいもんです。

    以上です。
 

レンタル掲示板
/25