teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:23/244 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

走り初めは田舎で

 投稿者:はってぃ  投稿日:2007年 1月 6日(土)00時30分1秒
  通報
  あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、年末・年始は帰省しておりました。
‘お正月は新車で岡山を走り回ろう♪’
な~んて夢想しておりましたが、
結局届かず、ガッカリ…
(考えたら帰省ラッシュの中で輪行なんてハナから無理があるのだが…)

それでも、ダラダラと寝正月をすごしているうちに
だんだん‘虫’がムズムズ蠢きだしてきた。
‘このさい、なんでもええやんか!ママチャリ借りちゃおう!’
思い立ったはいいが、2日はずっと雨。出かけるきっかけを失ってしまった。

3日は見事に晴れた。ウキウキして出かける。
大して広くもない唐琴町内をダラダラと巡る。
地元でありながら、何か新鮮。
よく考えたら友達の家を巡ったり、無意味にあちこちの路地を
ほっつき歩くなんてマネは小学生の頃ぐらいから殆どしてないのだ。
あちこち新しい家が建ってしまったりしていて、風景がまるで違っている…
遠い記憶を辿る作業はピースのたくさん欠けたジグソーパズルをしてるみたいで、
昔の町のイメージが、まるで画を結ばない…
それでいてこの道はこっちに続いているはず…そんな記憶だけは残っている。
ちょっと寂しくなったものの、気を取り直す。

メインはやっぱり坂道なのだから。

岡山ではメジャーなお寺に由伽山蓮台寺というのがあるんですが、
そこへ行くには昔は唐琴町からは直通の車道はありませんでした、が、
4~5年ぐらい前か、新しくできました。
裏山に道が付いたような変な感じでしたが、
岡山方面に出る上でのショートカットなので、すぐに馴染みました。
とはいえ車窓から見る坂そのものは、ちょっときつそう。
いつもの愛機ならともかくママチャリで登れるのか?

おかあさん仕様の‘それ’はライトはがたつき
タイヤの空気はちゃんと入ってないし、
サドルは異様に低いが、どうも簡単に上げられそうにない。
座り漕ぎだけで疲れるような体勢になってしまう。
加えて手袋が軍手しかなくてツルツル滑る。
心臓バクバクながら、ともかく立ち漕ぎを続ける…

えらく、しんどかったですが、
意外なことに10分少々で登れてしまった…
うーむ、見た目の印象にダマされてたか…
これなら京都で原谷を登るほうがはるかにきつい。
とすると勾配は10%をはるかに下回るということか???
見た目(とくに車窓から)はあてにならんなぁ…

でなければ、今乗っている自転車(ブリジストンのアルサスといいます)の
坂道での戦闘力が思っていた以上に低いということだろうか…
前一枚の6段変速だし、図体は前後にでかいし、タイヤも大きく28インチ…
まあ、坂道向きではないとは前から思っていたけど…

ともかく、
ママチャリもバカにしたものでもないなと見直しました。
同じ道でも、歩きと車ではまるで印象が違いますが、
自転車変えてもいろいろ楽しめそうですね。

さて、坂道の先はほどなく十字路に差し掛かる。
直進すれば由伽山への参道へと続く道。
右折すれば、遠く岡山方面へと抜けていく道で、その途中には
前にレポートした激坂への入り口もある。
そのまま突入したい誘惑に駆られたが
そろそろ京都に戻る準備をしないといけないので断念。
(2日の雨が、返す返すも残念)

来年はママチャリで初詣することにしようっと。
苦しい分だけ、何かご利益ありそうな気もすることだし。
 
 
》記事一覧表示

新着順:23/244 《前のページ | 次のページ》
/244