teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:41/244 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

地元にもあった激坂

 投稿者:はってぃ  投稿日:2006年 8月18日(金)01時13分51秒
  通報
  帰省したついでに実家の近所にある‘険道’に行ってきました。
某‘酷道’系のHPで見つけていたのですが、
そこは最近、閉鎖されてしまったらしく、うろ覚えだったのですが、
運良く、しばらくタクシーに乗っていたことのある父が
その当時、そこを通ったことがあったので、車で連れてってもらいました。

岡山の県道62号線は玉野市の長尾あたりから
倉敷市の蓮台寺という大きな寺のある由伽山方面に向けて上っているのですが、
そこに旧道があるとは、地元にもかかわらず全然知りませんでした。

とりあえず新道で岐路まで上ってから旧道を下ります。
雨の少ない岡山名物のため池二つに挟まれた道の先に
六角の「62」と記された標識が堂々と立っています。
しかし、その先はいきなり強烈な下り坂、しかも極狭。
左側はいきなり岩肌の崖なので、余計に狭く見える。
普通車でも通れるのか?と不安になるほどだったが
父はクラウン(だったかな?)で、しかも夜中に
客に半ば無理強いされて下らされたそうである。
なのに「こんなに急だとは気づかんかった」という…たいしたもんだ…

この坂道、狭さで何とヘアピンまである。
一発で曲がりきれず切り返しが要る…

小さな川を渡り車を止めてもらうと
橋から下手はゴツゴツと岩だらけで独特の風景。
実はこの辺から下は早‘滝’自然公園になっている。
(水量が少なくって滝っぽくはないのだが…)
川筋どころか滝筋(そんな言葉があるのか知らないが…)に近い処に
ちょこんと道を乗っけてあるのだから、急なわけだ…

見た目がこじんまりとしてる分、かわいらしくさえ感じる道だが、
その分、圧縮された勾配は凶悪で圧迫感もある!

測ったわけではないので判らないが
控えめに見ても暗峠級の勾配はあるような気がした。
しかも狭い!狭すぎる!蛇行の余地もない!
距離こそ短いが、果たして自転車で登れるのだろうか?

下りきった先…つまり険道の入り口…は両親が
家庭菜園として借りている畑のすぐそばで
最近は帰省する度に来ている場所だった…こんなとこに激坂があるとは!

ああ、やっぱり新車、手に入れて輪行したいなぁ!

----------------------------------------------

>“未だ見ぬ道”が好きな自分としては、クルマで行ってしまった
>ので結局行かず終いになりそうです。

だったら、あんまり熱を入れた坂道レポを投稿すると拙いのかな…
僕はドライブでは、あまり「ここ登りたい!」って意欲は下がりませんね。
何でだろ? 自分で運転しないせいかな?
また、考えてみます…
 
 
》記事一覧表示

新着順:41/244 《前のページ | 次のページ》
/244