teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:52/244 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

帰りは‘登山’

 投稿者:はってぃ  投稿日:2006年 5月 9日(火)22時54分6秒
  通報
  >大阪側に下ってからまた上り直されたんですか?

はい。
今回、そもそも奈良市街から回っていったのは、308号線を辿っていったほうが
迷わなくてすむかなと思っていたからなんですが、
走っているうちに308号線をコンプリートしてみたいと思ってしまいました。
酷道部分の‘入り口’へのアプローチさえ見つけられれば
そう迷わなくてすむだろうと思っていたら大甘でした。
暗峠(奈良側)の手前、隠れた激坂スポット、砂茶屋-南生駒間では
よくあるミスルートポイントに、全て引っかかってしまったようです。
(酷道の始まりとなる砂茶屋の交差点に出るまででもかなり迷ってしまったし…)
そのうち最後の小瀬町大瀬中付近から南生駒へ抜ける道は
昨年9月に大阪側から暗峠を越えたときに、
気力が続かず登るのを断念した箇所でもありました。
どんな道なのか一度みておきたいという欲求が抑えられなかったのです。
(今回、押してみたところ長さは大したことないものの、そこそこ激坂でした)

おかげで、その‘手前’の激坂を戻るという暴挙が
必要になったわけです…(といっても、ほぼ全線押し歩きですが…)
まあ、次回‘大阪側’に挑戦するためのいいリサーチになったかな。
(こちらも奈良側同様、序盤の登りがカギになりそうだ。
狭いし急で、路面も舗装が荒れてたりしてきつい。
中盤がおそらく最も勾配がきついのだろうが、かなり蛇行がききそうだし…)

ついでにいうと308号のコンプリートはできませんでした。、
大阪まで来たんだし、308号線の残る平野部も走っておこうとは思ったのですが、
こちらはコースを間違えているのに気づいたら即、諦めました。
街中を走るのって結構疲れるので…

帰りはほとんど‘登山’でしたが
結局、最後に迷って砂茶屋には辿りつけないまま
友人宅を探して彷徨い続けることになりました…

それにしても308号線、さすがに横綱クラスの酷道でした!
 
 
》記事一覧表示

新着順:52/244 《前のページ | 次のページ》
/244