teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


西山シリーズ(?)第3弾

 投稿者:はってぃ  投稿日:2007年 3月26日(月)23時13分49秒
  日曜日に小塩山を登ってきました。

予報だと朝のうちに雨は上がるとのことだった。
絶対出かけるぞ、と思いつつ前日は就寝。
しかし、目が覚めてみると頭が重い。
風邪でもひいたか?
しばらく寝たり起きたりをしながら回復を待つ。

どうもあまりスッキリしないが
どうしても気分が悪ければ大原野の辺りを
軽くサイクリングして戻ってくるつもりで、
遅すぎるが4時過ぎ出発。

‘今日はパスハントでなくて文字通りのヒルクライムだなぁ’
なんてアホなことを考えつつ西山方面へ。
しかし、地図の確認がアバウトだったので
登り口にあるという車止めのゲートが見つからない。
2度3度と激坂→ダート化の憂き目に遭う。
元気なときなら無理やりしばらく登ってみるのだろうが
今日はどうにも頑張れない…

諦めようかと思っているとようやくゲートを見つける。
時刻を見ると5:45!
‘やめとくべきだ’と思うものの
気が付けばゲートの横から自転車を滑り込ませていた。
…我ながら、バカである…

登りはじめから花背峠への坂を思わせるような急坂。
しばらく前から酸欠なのか頭痛の始まる前触れか
頭を後ろに引っ張られるような感覚がある。
これは、きびしいか…との気分が過ぎったが、
舗装はしっかりしていて走りやすいし(石は転がってるけど)
何といっても景色の素晴らしさに励まされる!

日の落ちて藍色の濃くなりつつある山並みの間から
まだ照らされている京都の街並みが金色に輝いている!
ジブリ映画の「耳をすませば」のラストシーンのようだ。
足元近くまで街並みが見えるので
空の上から眺めているよう…
奈良の葛城山の展望を思い出した。
観光地でないだけお得感があるかも…

ふいに茶色い塊が道を横切った。
‘犬にしては大きかったし、脚も長かったよな? もしかして鹿か?’
一瞬だったので、確認はできなかった…ホントにいるのか、こんなとこに???
と、なると…
‘鹿がいるなら、それを捕食する熊がいてもおかしくないよなぁ’
ゾッとしたが、こんなことで止まるわけにはいかない。

ふと、街側から山側に振り返ってみる…
ひどく上のほうにガードレールがチラリと見える。
他に道があるとは思えないので、どうみてもそこが続き!
ようやく現れた看板には「小塩山4km」!
とはいえ見晴らしよく坂が見渡せるときは
えてして見た目より登り易かったりする
…という経験則(山中越の琵琶湖側とか)を
思い出し‘大丈夫だ、だいじょ~ぶ!’といいきかせる。
本当に傾斜が緩くなってきた気がする。
印象的には京見峠の前半のような快走路だ。
俄然元気づいてローギアから一つ二つギアを上げたりする…

同じ調子で延々と続いていた坂がいきなり途切れた。
行き着いた先は電波塔のようだ。
‘もしかしてまた道を間違えたか’
しかし、塔の手前の分岐の先には「淳和天皇陵」があった。

…唐突に訪れたゴールだった…

特に展望台があるわけでもなく、実に味気ない。
絶景が続いていただけに余計に不意打ちを食らった感じだ。
時刻は6:20。
終わってみれば35分しか経ってない。
夜の激坂下りほど怖いものはない。
すぐに降り始める。

残照も消えて街明かりは強い光彩を放ち始めていた。
昼間の余韻がのこり空気が少し霞んでいるせいか
オレンジの松明を焚いているようにもみえた。
さらに、次第に闇に沈みつつも輝きを増していく街並み…
絶景を、思いがけなく楽しめたのはラッキーでしたが、
結局、恐怖のダウンヒルをする羽目になりましたとさ。

おそまつでした!
 
 

自転車生活 No.14

 投稿者:和尚  投稿日:2007年 3月21日(水)22時29分19秒
  【2007年 本格ツーリング第一弾】 07.3/14-3/15

松山~大洲~八幡浜~別府を一泊二日での強行軍。
出身サークルの春合宿に少しだけお邪魔させてもらいました。
相変わらず楽しい場所がそこにはあって、素敵なツーリングでした。

ところが、それはよかったんだけど、
愕然としました。自分の脚に。なんだこの貧弱な脚は?
大洲から八幡浜にぬける夜昼峠。緩やかめな峠道で、
おじさんは現役生に引き離され、全力でこいでるはずなのに
全く差がつまらない。いや~、まいった。
本当にショックでした。


>はってぃさん
ぼくにとって西山は全くの未開の地で、
滋賀に引っ込んだ今となっては、さらに行きにくい
場所になってしまいました。
が、滋賀や北山にない新鮮さがある最も身近な場所でも
あるので、これ以上自分の脚が嫌いにならないためにも
いろいろ走ってみたいです、西山。
 

また雪・・・

 投稿者:はってぃ  投稿日:2007年 3月18日(日)18時56分7秒
  先週とは逆に、金蔵寺前経由で逢坂峠を目指しました。

金蔵寺前まで快走路(登りはじめにきついところはあるけど)なのに、
最終盤に丸コンクリの激坂が出現する…
間の悪いことに登りに入って、また吹雪!
路面が濡れているから時折タイヤがズルッと滑る!
直登する方が安定しそうなので、きつくても我慢々々。
先週、ここを下っていて激坂区間の長さがイメージできていたのが
大きかったか、何とか一発クリアできた!

さて、調子に乗って、高槻側に降りてみる。
府道・枚方-亀岡線にでてきた。
‘そういえばかなり前、和尚さんとこのBBSで“ひらかめ線”の話があったよな…’
話にあったきつい坂ってどの辺かなぁ…と思いつつも快走路が続く。
長々としたダウンヒル…その間ずっと雪が吹きつけてくる。
大阪側に降りたのは神峰山寺と本山寺へ行ってみようと思ったからですが
吹雪の中で、体が完全に冷え切った後の登坂はやはりきつかった。
神峰山寺まではともかく、本山寺への坂道は尋常ではなかった。
一般車両通行止めとある所からも寺の山門までまだ自転車で登れるのですが、
コンクリ舗装で20%級(?)の傾斜が続く上に、
邪魔くさいことに一定の間隔を空け道を横切る形で
ゴムが4~5cm飛び出している。
(コンクリ固めた際の流出止めか何かなのか? 前にダートの山道で見たことがある)
必死で気力を振り絞るものの、このゴムが現れる度に気持ちが挫かれていく。
(何も無いなら無いで、しんどいのは間違いないのだが…)
結局、山門までたどり着く間に、3回止まってしまいました(泣)。

さて、せっかく登ってきたものの
寺の境内に自転車担いで入るのもはばかられたし、
放置して中に入るのも盗難が怖いので、引き返しました。
これだけ苦労して登ってきたのだからお参りすればご利益ありそうなんだけど…

先ほどの一般車両進入禁止の箇所からは
もう一つ別に道が降りていた。
こちらの方は丁寧に車止めのゲートが建ててある。
しかし自転車は入れそう…元の道を戻るのもつまらないので突入する。
しばらく下るとポンポン山方面の分岐のある小さな渓谷沿いにでた。
落ち葉が多くて走りにくいが結構雰囲気のある道だ。
渓流を右手にしばらく楽しんだ後、危うく車止めのチェーンに引っかかりかけた。
看板がある…不法投棄禁止…ここもか!
半ば廃道化することで、サイクリストはともかくハイカーは確実に割りを食っている。
腹の立つ話だ!
 

西山の峠

 投稿者:はってぃ  投稿日:2007年 3月11日(日)20時42分24秒
  某HPで、見かけた坂道が面白そうだったので行ってみました。

物集女街道を下り、向日町競輪場の先で右折し「善峰道」に入り、道なりに進む。
太い道ではないが舗装はしっかりしているし、交通量も少なく気持ちよく走れる。
目指すは善峰寺への坂道、そして金蔵寺へと周っていく。
本格的なのぼりの前に西山の峰々が大きく眼前に広がる。
高揚を感じつつ臨めるのは、北山とは趣が違って面白い。
とはいえやはり楽ではない。
善峰寺に近づくにつれ勾配はきつくなり
駐車場、参道への分岐点の辺りでは吹雪いてきた。
(百井、松尾に続いて、またか!)
で、いつものようにフラフラな登坂をしているうちに
溝の鉄蓋で滑って転んで1ストップ目。

お寺参りが目的でないので、そのまま続いていると思しき上り坂に突入。
ここからは、舗装はしっかりしているものの幅員1車線強ぐらいのきつい坂が続く。
しかも、京都には珍しい(?)九十九折れの坂道ときている。
斜度は百井峠や芹生峠には及ばないかもしれないし、
青垣峠みたいに直登を延々と続けるようなきつさは無いが、
しつこく何回もヘアピンが続き、斜度もコロコロ変わる…やっぱりこれは激坂だ…
ふいに壁と化した変化に対応できず2ストップ目。
いつの間にか日が差している…道同様、空もコロコロ表情を変える。
この道、自然歩道を兼ねているのだろう…やたらとハイカーが多い。
「まあ、凄い」と言って下さるのは嬉しいのだが、
足を既についてしまっているので、やはり気恥ずかしい。
‘何とかこのまま上りきろう’と思っていると、
道がコンクリ舗装に…どうやら最強部か…
大して長くは無かったものの、堪らず3ストップ目(泣)。
そのすぐ先で九十九折れが終わっていただけに悔しい。

この道は、高槻方面への道と金蔵寺を経て向日市方面へと戻っている道に分岐している。
‘当然’激坂のある金蔵寺方面へと下ることにする。
少し上ると、看板があった…「逢坂峠」…
(はて? これは和尚さんの峠リストにあったっけ?
「逢坂の関」とも紛らわしい…全国にはいくつ逢坂峠があるんだろ?)

峠からは激坂下り!
20%ぐらいないかと思われるような、丸舗装の道がしばらく続いて
ようやく金蔵寺への分岐まできた(途中に絶景ポイントあり!)。
この後の、こちらの下りは舗装もきれいだし、
うまい人ならかなり面白いダウンヒルができそうかな。
かなり下って人家が出てきた辺りにも20%クラスと思しき坂が出現。
金蔵寺~逢坂峠ルートも、なかなか攻略は大変そうだ…

う~む、北山を登ったから京都の激坂はそろそろ卒業か、
なんて思っていましたが思い上がりもいいとこだった…
また、未攻略峠が増えてしまった…
 

自転車生活 No.13

 投稿者:和尚  投稿日:2007年 2月26日(月)20時02分16秒
  【新しい相棒】  07.2.26

ロードレーサーがやってまいりました。
GIANTのOCRさん。これから末永くよろしくお願いいたします。
 

御返事

 投稿者:和尚  投稿日:2007年 2月17日(土)22時34分4秒
  20000がじわじわと迫っております。
記念になんかやらねば。

>はってぃさん
百井も花背もご無沙汰で、
ガンガンのぼっていた学生時代とのギャップに落胆しそうで、
さらにご無沙汰になりそうです。

明らかに細くなってしまった脚(なのに体重は変わらず)を
見ると、ロードに乗ったところで速く走れる自身がありません。

と、弱気になっても仕方がないので、3月に予定している
遠出ツーリングに向けてロードを入手したらトレーニングします。
 

‘百井峠’とその先

 投稿者:はってぃ  投稿日:2007年 2月12日(月)00時54分11秒
  (遅ればせながら百井初完登レポです)

午後4時、いつもの柊の別れからアタック開始!
辺りが寂しくなってくると傾斜はまだまだ緩いとはいえ
所々きつめの箇所が出てくるので無理はせず早めにギアをインナーに入れておく。

鞍馬寺前を通過…4時23分。
先があるので、全開走行していたわけではないが、
前の自転車でも30分弱で行けてた気がするので
とんでもなく速いという気もしない…先行きに不安がよぎる。

斜度のグンと上がる古道橋付近から、ギアはインナーの一番ローまであっさり落ちる。
それでも足らずに、やっぱり蛇行運転に入ってしまう。
脚の負荷が前より軽いのは確かなのだが、なんとも腰が重~い!

なんとかかんとか、百井別れに達する…4時50分。
鞍馬から30分弱、以前と比べて早いものの‘飛躍的’ではない。
さらに不安になったものの、例によって気にかける間もなく激坂が始まる。
百井別れ付近にわずかにある下りでエネルギーを溜めておきたいところだが、
懸念していた白いモノが路面にあらわれた…雪だ…
金曜に降っていた雪…それから暖かかったから微妙だとは思っていたけど、
やはり‘京都市内の山岳地帯’は甘くなかった。
上りに入って路面から一旦雪は消えたものの路肩からはせり出しているし、
上るにつれて再び路面にも目立ってくるのだった。

ともかく腕力全開で上る。
勾配20%近いとはいえ然林房下ほどではないので
ハンドルは不安定ながらも前輪がウィリーするほどのことはない。
心肺のきつさは大差ない気がするものの、
やはりギアの差が大きいのか、一杯々々のようでいて
自転車は前進・上昇を止めない。
うまくいえないが‘ダメかなぁ’という気がよぎったときに
いつもは即、重力に押しつぶされるように余裕がないのだが
今度は‘もうちょっと…’と気力を繋ぎなおす余地が残っている…とでも
いったらいいのか…

とはいえ、ロードでの百井峠初挑戦のこの前の週は、
ヘアピンの先・激坂残り数十mまで達しながら
軽すぎるハンドルのせいで暴れる車体をコントロールしきれずに
無念のストップをしてしまっていた…

いよいよ、最後の正念場というところで更に困難が…
路面の雪が増えてきて、スリップを避けるために車の轍をトレースせざるを
得なくなったのである…もう蛇行で逃げられない!

狭いタイヤ痕に前輪を押し込めるようにして進む。
腕は限界近くてプルプルしている。
が、結果的には雪面が幸いをもたらしたのかもしれない。
坂の傾斜の圧力をモロに受けているはずの脚は何とかもっている。
アルサスで苦闘してきたのは伊達ではなかった!
また、売り切れ寸前の腕力を蛇行でアンバランスに放出するより
我慢が効いたのかもしれない。
雪面が一瞬途切れアスファルトが黒々と覗いた。
フッと力が湧いてすうっと浮き上がるように、そこを乗り越える。

激坂の終わりだった。

本来ならここで事実上の挑戦成功なのだが、まだ気は抜けなかった。
今度は完全に路面が雪面に覆われてしまった。
せっかく傾斜が緩くなったものの、こうなるとスピードは出さずに
雪をやんわり踏みつけるようにして走るしかない。
慎重に進むが、それでも雪にタイヤをとられて路肩近くへ行ってしまう。
ここが最後のヤマだった。
土壁に倒れそうな寸前で何とか踏ん張って体勢を直し
止まりかけたクランクを回した…

そこが目的の場所だと知りながら、
白い道がもう‘上に’傾斜してないのを辺りを見回しつつ、
じっと確かめる…そしてそっと足をつく。
「やったーぁ!」と絶叫する。

百井峠着、5時7分。
あれほど苦しんだ激坂…終わってみれば分岐から17分の道程に過ぎなかった。

さあ、帰ろうかと振り返ったそこには、
まだ、鮮やかに青い空、夕日に染まり始めた杉と雪が金色に輝き、
木々が落とす影の黒と青白い雪…なんとも鮮やかな景色が広がっていました。

---------------------------------------------------------------------

さて、未走破峠の連続クリアを目論んで松尾峠を今日は(昨日か…)目指しました。
谷山林道入り口から45分ほど登り続けて、最長不踏も大幅に更新したものの
対向車を避けた際、フラついて路肩に乗り上げストップ。
ダート道突入まであとわずかだったので悔しい。
谷山川沿いから離れると舗装路が急にきれいになるのですが
それまでの悪路で気が張っていたせいか、妙にのぼりにくく消耗していたか…
ダートに入って道に迷い、結局何度も止まった挙句に松尾峠には到達せず、
日も暮れて、身も心も凍るダウンヒルをする羽目になりました…

クリアはならなかったものの何とも変化に富んでいて
1コースでいろいろ楽しめる(苦しめる?)なぁとは感じました。

まだまだパスハンターを名乗るには、道は遠い…


>ちなみにぼくも、ひょんなことからロードが手に入りそうな
>気配がしております。楽しみです。

さぞかし速いんでしょうねぇ…
一緒に走らせていただいたら、どれくらいついていけるものやら…
 

御返事

 投稿者:和尚  投稿日:2007年 2月 9日(金)21時28分16秒
  >はってぃさん
新車納入に引き続き、おめでとうございます!

ちなみにぼくも、ひょんなことからロードが手に入りそうな
気配がしております。楽しみです。
 

ようやく…

 投稿者:はってぃ  投稿日:2007年 2月 4日(日)22時05分15秒
  百井峠・鞍馬側ルート、ノンストップ登坂、初成功。
午後4時、柊の別れ発。
4時23分、鞍馬寺前通過。
4時50分、百井別れ突入。
5時07分、百井峠着。
…でした。
 

御返事

 投稿者:和尚  投稿日:2007年 1月23日(火)22時10分47秒
  >はってぃさん
新車納入、おめでとうございます!
ぼくも初めてランドナーに乗ったころは、
ドロップハンドルとハンドルから手を離して変速することに
全く慣れず、買ったはいいけど乗りこなせるか心配でした。
それでも、輪行という手段を手に入れたことによって
飛躍的に行動範囲が広がることがうれしくて仕方がありませんでした。
あぁ、あの頃の新鮮さがなつかしい・・・。
 

レンタル掲示板
/25