teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/244 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

西山の峠

 投稿者:はってぃ  投稿日:2007年 3月11日(日)20時42分24秒
  通報
  某HPで、見かけた坂道が面白そうだったので行ってみました。

物集女街道を下り、向日町競輪場の先で右折し「善峰道」に入り、道なりに進む。
太い道ではないが舗装はしっかりしているし、交通量も少なく気持ちよく走れる。
目指すは善峰寺への坂道、そして金蔵寺へと周っていく。
本格的なのぼりの前に西山の峰々が大きく眼前に広がる。
高揚を感じつつ臨めるのは、北山とは趣が違って面白い。
とはいえやはり楽ではない。
善峰寺に近づくにつれ勾配はきつくなり
駐車場、参道への分岐点の辺りでは吹雪いてきた。
(百井、松尾に続いて、またか!)
で、いつものようにフラフラな登坂をしているうちに
溝の鉄蓋で滑って転んで1ストップ目。

お寺参りが目的でないので、そのまま続いていると思しき上り坂に突入。
ここからは、舗装はしっかりしているものの幅員1車線強ぐらいのきつい坂が続く。
しかも、京都には珍しい(?)九十九折れの坂道ときている。
斜度は百井峠や芹生峠には及ばないかもしれないし、
青垣峠みたいに直登を延々と続けるようなきつさは無いが、
しつこく何回もヘアピンが続き、斜度もコロコロ変わる…やっぱりこれは激坂だ…
ふいに壁と化した変化に対応できず2ストップ目。
いつの間にか日が差している…道同様、空もコロコロ表情を変える。
この道、自然歩道を兼ねているのだろう…やたらとハイカーが多い。
「まあ、凄い」と言って下さるのは嬉しいのだが、
足を既についてしまっているので、やはり気恥ずかしい。
‘何とかこのまま上りきろう’と思っていると、
道がコンクリ舗装に…どうやら最強部か…
大して長くは無かったものの、堪らず3ストップ目(泣)。
そのすぐ先で九十九折れが終わっていただけに悔しい。

この道は、高槻方面への道と金蔵寺を経て向日市方面へと戻っている道に分岐している。
‘当然’激坂のある金蔵寺方面へと下ることにする。
少し上ると、看板があった…「逢坂峠」…
(はて? これは和尚さんの峠リストにあったっけ?
「逢坂の関」とも紛らわしい…全国にはいくつ逢坂峠があるんだろ?)

峠からは激坂下り!
20%ぐらいないかと思われるような、丸舗装の道がしばらく続いて
ようやく金蔵寺への分岐まできた(途中に絶景ポイントあり!)。
この後の、こちらの下りは舗装もきれいだし、
うまい人ならかなり面白いダウンヒルができそうかな。
かなり下って人家が出てきた辺りにも20%クラスと思しき坂が出現。
金蔵寺~逢坂峠ルートも、なかなか攻略は大変そうだ…

う~む、北山を登ったから京都の激坂はそろそろ卒業か、
なんて思っていましたが思い上がりもいいとこだった…
また、未攻略峠が増えてしまった…
 
 
》記事一覧表示

新着順:14/244 《前のページ | 次のページ》
/244